学生連句 「死因 オン座六句」の巻 ほか全弐巻


《オン座にゆーす》
   Ⅰ.千代田サテライト教室  
   江戸の俳諧を読む → ・蕪村  ・一茶

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

脇起 オン座六句「これよりや」の巻        曳尾庵 璞 捌

これよりや時雨落葉と忙がしき          虚子
 霜月師走ネオンさす街              璞
溶けさうなビルにゆつくり手をふつて       有希
 一輌きりの汽車に揺らるゝ           史織
きつくなる十六夜の空へと財布         真輝帆
 秋刀魚の皮をのこす方々            真帆

猫の腹こりずにさはり嫌はれむ          実里
 うつしうつされ看病しあふ            凪
めろ/\になる音のしてチョコレート       穂佳
 教師の指示をかき消すマンソン       真帆
丸眼鏡はづしたまゝで憶えをり          葵
 マンホールから白き湯気わく         あさひ

たまには熱いのをそゝいでみやう墓石へ      由乃
 良い夫婦の日に離縁               道子
優しさで埋めるだけのラブホテル五階      栞撫
 タイムカプセル見つけ             観月
塩素のプールに昼月のしらじらとあり       祐香
 アイスクリーム添へ              勇鋼

いからずに富士山をだきしめてキス        穂佳
  沈黙のイヴそれでもいゝの          祐香
映画館ポップコーンは売れ残り          唯生
 父に似てゐる福笑ひの圖            美里
腹を蹴る怖き初夢見む胎児            貫太
 ハワイの海へバスロマンあけ          由乃

納戸色高くアンテナ伸ばしゆく          勇鋼
  僧籍を得る古き軒下             道子
泣くために漱石を読む東大生           有希
  ゲームの彼を選び恋する           史織
正面にすれば理想の顔なのに           観月
 脇に挟めるうすきマンバウ          実里

泡だけのビール・グラスで乾杯す         佳歩
 ショーウインドーのマネキンのごと      真輝帆
宇宙からさん/\あびるGPS          実里
 誰かを守り死にたいSP            史織
桃色のスカート花とともに舞ひ           美穂
 うかぶ体に足のない春             栞撫

[註] 脇句=西鶴の〈暮て行く時雨霜月師走かな〉の本歌取り。
第二連Rの座=米ロックバンド「マリリン・マンソン」もしくはそのリードヴォーカリスト。


二〇一六年十一月十一日 起首
二〇一七年一月十三日 満尾
於・日芸 所沢キャンパス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

脇起 オン座六句「死因 オン座六句」の巻

秋風に出店をたゝむ扇哉             西鶴
 日の丸の如ひらく名月               璞
天井にとゞまるボール子ら見あげ         直人
 道化師よりもうまく嘘つく           裕奨
うちつどひ語りあはむと牡丹鍋          悠斗
  氷どん/\育つ内庭              有希

ゆがむ地の果てスフィンクス伏してをり      直人
 とゞく頃には恋文も褪せ         徳士
手をつなぎつないだまゝの思ひ出も      海
 母親指を離さぬ童女           道子
国道を転がる右のズック靴           有希
 ディランの石の声あらまほし          璞

幽弦のマーティンで三度も嘶くなり       徳士
 大仏も授業参観               裕奨
あの顔で妾も囲へる隣町とか          道子
 ヱアコンのやうに抱け            有希
空気爆裂「市松物語」終焉す           海
 死因「オン座六句」              璞

温泉水おかはりしたきマンハッタン       悠斗
 壁の薄さが気になつてする           仝
野の中にペン先と菊挿すほどに         道子
 伝統が途切れるまで競歩           有希
配送の床に仰向け花がつを           直人
 ソースの上で競ふ新春            裕奨

[註]第二連~三連ロックの座=ボブ・ディランは大学生の頃、不用のエレキギターを
マーティン製のアコギと交換したといふ。

二〇一六年一〇月七日 起首
仝年一一月一一日 満尾
於 仝

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

☆式目は→「オン座六句」六箇条(改訂版)をご覧頂きたく候。
プロフィール

 曳尾庵 ハク

Author: 曳尾庵 ハク
             
僭越ながら宗匠役をつとめ申し候。

開版リストは、コチラにて候。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
連衆アクセスカウンター
オンライン一座カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード