FC2ブログ

 オルガン・連句興行 巻漆 ―― 祝・与謝蕪村賞新人賞



《オン座にゆーす》

 無心オン座六句「小愛男」 → ココ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 《 解 題 》
 オルガン初の公開連句、茲にアップ致し候。
 若殿『自生地』の受賞を祝ひての興行なり。
 初出誌「オルガン」15号に興味のある向きは コ コ を御覧頂きたく候。
 (抜け芝殿による秀逸なる「留書」もあり)


オルガン・連句興行 巻漆 ―― 祝・与謝蕪村賞新人賞
オン座六句「原つぱ」の巻        
                璞・捌 / 抜け芝・指合見

原つぱが都へつゞく秋の川        宮﨑 莉々香
 手にある草履はきなほす月       福田 若之
とりどりのタイルの色を張り替へて    宮本 佳世乃
 ブラウン管は深くさゝやく       鴇田 智哉
とゞかない夜こそ氷柱なす真空      田島 健一
 おなじみぞれの下のきやうだい     北野 抜け芝

おくれ毛のうす約束に笑み給ふ      浅沼 璞
 覚めて覚えのなき香焚かれ       青本 瑞季
若之がきて学校はずつと海        青本 柚紀
 あまりにふとつた鰐型の岩       西原 紫衣花
活きのいゝサマンサタバサ本物さ     大塚 凱
 客の求めに濁音を消し         健一

点から点を結びつらねて地球ができる   智哉
 ポピーの墓に自転車          佳世乃
出会つた頃の建物の黄を変へた梅雨    莉々香
 液体の情忙しく            上野 葉月
背中のはれたところで六弦かつぴいてる  若之
 アンプの八つのつまみ         紫衣花

瓶で出る松を過ぎてのタイビール     莉々香
 象と寝てゐて淑気が満ちる       抜け芝
義母と義父アルパカのまはりを歩き    健一
 国宝級の富士額かな          葉月
永遠のやうな徹夜の糸電話        柚紀
 新たな姓で印刷をする         凱

浅漬が雑にスライスされてゆき      紫衣花
 雪の廊下にすまふ青鮫         瑞季
庭先に掘り起こさるゝ禅坊主       莉々香
 ぱかんと空いて深呼吸とか       智哉
花の宿ふくろをひらくうぐひすも     佳世乃
 ため息などが霞の一部         抜け芝

         二〇一八年一〇月一三日・首尾
            於・高円寺北区民集会所

***************************************************************************

 ☆式目は→「オン座六句」六箇条(改訂版)をご覧頂きたく候。

プロフィール

 曳尾庵 ハク

Author: 曳尾庵 ハク
             
僭越ながら宗匠役をつとめ申し候。

開版リストは、コチラにて候。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
連衆アクセスカウンター
オンライン一座カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード